塾の開業活動についてはこちらをクリック!

小中高のプログラミング教育の流れを1枚絵で紹介!|大学入試まで影響する教育改革の変化をまとめました

小中高のプログラミング教育の流れを1枚絵で紹介!|大学入試まで影響する教育改革の変化をまとめましたプログラミング教育
この記事は約7分で読めます。

2020年の教育改革で小中学校でのプログラミング教育が必修化になりました。

小中学校だけでなく高校や大学入試にも影響があります。

この記事では小学校~大学入試までのプログラミング教育の流れをご紹介します。

サクッとまとめだけ読む!

こんな方向けの記事です!
  • プログラミング教育で何がどう変わるのか知りたい
  • プログラミング教育の全体像をつかみたい
  • プログラミング教育の流れを知って子どもの教育に活かしたい

プログラミング教育の流れ

早速プログラミング教育の全体的な流れを見てみましょう!

小中高のプログラミング教育の流れ

細かい話を置いておけばこの画像を把握しておけばOKです!

トトラ
トトラ

おぉ!そうか!ほな!

えいと

待って!細かい内容も箇条書きでわかりやすく書いてるから見てって!

トトラ

わかりにくかったら帰るからな~

小学校のプログラミング教育

小学校のプログラミング教育のポイントは次の通りです。

小学校のプログラミング教育のポイント

  •  ねらいは3つ
    • 「プログラミング的思考」を育むこと
    • プログラムの働きやプログラムの良さに気付くこと
    • 各教科の学びをより深くすること
  • プログラミングの技能の習得をねらいとしているのではない
  • 必ずしもパソコンを使うわけではない
えいと
えいと

はい、終わり!

トトラ

良しとしよう。

それぞれについてもう少し詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

中学校のプログラミング教育

中学校のプログラミング教育のポイントは次の通りです。

中学校のプログラミング教育のポイント

  • 技術・家庭科(技術分野)でプログラミングに関する内容を充実化
  • 学ぶ内容は2つ
    • 「計測・制御のプログラミング」
    • 「ネットワークを利用した双方性のあるコンテンツのプログラミング」
えいと
えいと

はい、終わり!

トトラ

学ぶ内容が分かりにくい。

えいと

じゃちょっと詳しく説明するよ!。

中学では全体的に次のようなことに取り組みます。

  • プログラミングの仕組みを学ぶこと
  • 安全で適切なプログラミングを制作すること
  • 制作したプログラミングの動作確認とデバッグをすること
  • 問題の発見と課題の設定をすること
  • 情報処理の手順の具体化をすること
  • 制作の過程や結果の評価をすること


「計測・制御のプログラミング」では次のような実践事例があります。

「計測・制御のプログラミング」の実践事例

  • 「みんなを幸せにする自動ドアのプログラムを作ろう」
  • 「計測・制御の技術で医療・介護の問題を解決しよう」
  • 「世の中にちょっと役立つロボットを製作しよう!お掃除の巻」
  • 「農業機械の自動化レベルに対応した自動走行農機のシステム開発」
  • 「安心・安全ホームセキュリティシステムを考えよう。」


「ネットワークを利用した双方性のあるコンテンツのプログラミング」では次のような実践事例があります。

「ネットワークを利用した双方性のあるコンテンツのプログラミング」の実践事例

  • 「AI(人工知能)画像認識技術で社会の問題を解決しよう」
  • 「チャットを応用して学校や社会の問題を解決しよう」
  • 「グループで音楽データを活用できるコンテンツを作ってみよう」
  • 「地図コンテンツのプログラミングで防災に関する問題を解決しよう」
  • 「自動チャットプログラムで身の回りの問題を解決しよう」


中学では小学校よりも一歩踏み込んで、実際に「情報」について学び、プログラミングを行いながら問題解決をします。

教科書の内容も情報の扱い方やコンピュータの仕組みなど基本的なことが含まれます。

高校のプログラミング教育

高校のプログラミング教育のポイントは次の通りです。

高校のプログラミング教育のポイント

  • 2022年からはじまる
  •  「情報Ⅰ」を新設し必修科目になる
  • 全ての生徒がコンピュータの仕組みや情報技術の基礎について学ぶ
  • 「情報Ⅱ」(選択科目)ではさらに発展的に学ぶ
えいと
えいと

はい、終わり!

トトラ

もう少し詳しく内容を言って

えいと

教科書からどんなことをするのか見てみよう!

情報Ⅰ(必修)

  • 第1章:情報社会の問題解決
  • 第2章:コミュニケーションと情報デザイン
  • 第3章:コンピュータとプログラミング
  • 第4章:情報通信ネットワークとデータの活用

情報Ⅱ(選択)

  • 第1章:情報社会の進展と情報技術
  • 第2章:コミュニケーションとコンテンツ
  • 第3章:情報とデータサイエンス
  • 第4章:情報システムとプログラミング

高校では「情報」についての知識を全般的に学びます。


情報モラル、セキュリティ、情報デザイン、プログラミング、データベース、ネットワーク
などの基本的な内容を「情報Ⅰ」で学びます。

「情報Ⅱ」ではさらに発展的な、ニューラルネットワーク、機械学習、テキストマイニング、画像認識など今後の社会で重要になってくる情報技術について学びます。

トトラ

高校生もプログラミングはスクラッチ使うの?

えいと

いいえ!いよいよプログラミング言語を使います!

「情報Ⅰ」で想定されるプログラミング言語
  • JavaScript(Webページの動作に欠かせない言語)
  • VBA(Excelで使える業務効率化のための言語)
  • ドリトル(ビジュアル寄りの言語)
  • swift(Appleが作ったアプリ向け言語)

2022年から利用される「情報Ⅰ」の教科書は、上記の4つのプログラミング言語のバージョンが用意されています。

学校によってこの4つのうちのいずれかを勉強することになります。

「情報Ⅰ」の第3章「コンピュータとプログラミング」のページを見れば、どのプログラミング言語が扱われるのかが分かります。

僕ならJavaScriptの教科書だと嬉しいですね!時点でswiftです。

プログラミングに興味のない人はドリトルだとありがたいですね。

VBA版の教科書だったらちょっと残念です。

「情報Ⅱ」で想定されるプログラミング言語
  • Phython(機械学習を使った人工知能を開発できる言語)

「情報Ⅱ」はPhython一択です!

AIなど人工知能が盛り上がっているのでこれからさらに需要が高まりそうな言語です。

えいと
えいと

高校で急激にレベルアップするイメージですね。

大学入試へのプログラミング教育の影響

大学入試に影響するプログラミング教育のポイントは次の通りです。

大学入試に影響するプログラミング教育のポイント

  • 2024年に共通テスト(2020年度までの名称:センター試験)の「情報Ⅰ」でプログラミングが出題され、文系理系問わず必修になる
  • 「CBT(コンピュータに入力するテスト形式)」が導入される

情報科目が大学入試で扱われるとなると、「力を入れなければ!」という意識がわいてきませんか?

政府は情報科目を「大学入試において国語・数学・英語のような基礎的科目として追加し、文系・理系を問わず学習を促していく」としています。

トトラ

プログラミングやらなかったら大学入試ヤバい?

またCBT方式のテストが導入されると、タイピングで回答することになるため、ある程度のスピードで文字入力ができる必要があります。

タイピングは慣れで早くなります。パソコンを嫌っていてはタイピングが早くなりません。

もし全くパソコンに触れてこなければ、試験時間が足りなくなることが容易に想像できます。

ブラインドタッチとまではいかなくても、せめてホームポジションに指を置いて1分間に100文字程度は入力できるようにしておきたいですね!

えいと

学校の授業だけでタイピングが早くなるかは疑問です

まとめ

この記事では『プログラミング教育の流れ』をご紹介しました。

プログラミング教育の流れ
  • 2020年:小学校でプログラミング教育必修化 
  • 2021年:中学校で「技術」でプログラミングの内容が充実化
  • 2022年:高校で「情報Ⅰ」が必修科目として新設
  • 2024年:大学入試に情報科目が追加される
えいと

備えあればうれいなし!

トトラ

やるっきゃないな!

プログラミング教育

オンラインで『マイクラ × プログラミング』するなら!

D-SCHOOL

    D-SCHOOLは
  • 14日間の無料体験あり!
  • 小学1年生から学べる!
  • 月額3980円(税込)!
    年額プランならさらにお得な2985円!

D-SCHOOLは全国約70教室を展開するプログラミング教室です。無料体験の継続率80%と満足度の高い学習内容!近くにプログラミング教室がない、費用が高くて通わせるのは難しいという方に最適です!

自宅でマイクラプログラミングが学べるオンラインスクール!

公式サイトで確認するブログ記事で評判を見てみる
\\ SHARE!! //
\\ Follow me!! //
みっけ!